精神的に女性のほうが楽

女性に生まれて良かったか、それとも悪かったか。 どちらとも言えませんが、精神的な負担を考えたときに、 女性のほうが男性よりも楽ではあるといえます。 なぜかというと、女性は男性に守られることが多い。 そのため男性よりも精神的負担は少なくてすみますし、 女性でよかったと思います。

男女平等といえども、男性は女性よりも行動に責任を求められます。 そういう点でも女性でいることが有利だと言えます。 しかし、働く世界に関しては逆。 現代では男女平等だと、女性も男性と肩を並べて会社で働ける社会になりましたが、 しかし、まったく同等に扱っているかといえば、そうではないことも。

これだから女性は・・・と思われている部分も未だに存在します。 仕事に対しては、女性じゃなければよかったと思いますね。

女性にしかできない役割。それは子供を授かり産むこと。 生命の誕生を身をもって体験できるのは、 女性にしかできないことです。 子供を産むことができる女性というのはすばらしい。 女性であることに幸せを感じます。

しかし、子育てとなると話しは別。 仕事をしたくても、好きなことをしたくても、 子育てをしなくてはならないからと諦めることも。 そういう時は男性が羨ましくなりますね。

子育てしているとお金がいるという事も頻繁にあります。そういう時は主婦である女性のほうが悩みますよね。男性は仕事をしてきて働いているのだから、その給料内でどうにかやりくりしろよって感じだと思うのですが、この語自薦給料だけでやりくりできる人なんてほんの一握りではないでしょうか。

そういう部分では、精神的に男性のほうが楽かもしれませんね。女性のせいにしておけばいいだけですから。

それにしても、子育てしてるとホントお金がかかりますね。いろんな塾なんかも習わせてあげたいですし。そういうのにもお金がないと習わせてあげられないですからね。

女性でも男性でも、いい時も悪い時もあるのだから 結局どっちがいいとは言い切れない。半々でしょうかね。どちらも使命というかやらなければいけないという事があるわけですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>