どん底の我が家

新築をしてからわずか2ヶ月で体調不良により夫が転職することになりました。

就活は思うように結果が出ず、やっと採用が決まったのは前職を退職してから6ヶ月が経過していました。
その間夫は就活に集中したいと言ってアルバイトなどの繋ぎの仕事を一切せず、貯金を切り崩して生活していましたがすぐに底をそれも底をつき
住宅ローンは勿論、水道光熱費などの支払いが滞るようになり、子供の幼稚園の保育料までも払えなくなりました。
保育料払えない※延滞で給料差押え?差し押えを防ぐ方法
各支払いの遅れは2ヶ月以上となり、毎日のようにポストには督促状が投函されるようになりました。

私もパートなどを探したかったのですが、持病のため外での仕事が出来ず、インターネットを利用したライターの仕事で月に3万程度を稼ぐのがやっとの状況でしたし、
何より転職により夫の収入が大幅に減ったにも関わらず、生活レベルの見直しを早急に取り組まなかったため生活は切迫していく一方でした。

ついに支払いの目処が完全につかなくなった私達夫婦は、この時点でやっと節約や遅れている支払いの分割払いの相談のため各機関に問い合わせを始めました。
まず住宅ローンでは、銀行の担当者の方との相談の結果、ボーナス払いの解消と分割回数を増やしていただき、さらに支払日の再設定をしていただきました。
水道光熱費に関しても分割での支払いを承諾くださり解決しました。

しかし保育料に関してはどうにもならず、夫の両親に頭を下げて立て替えていただくことになりました。

その後、ムダな固定費の削減のため私のスマホを解約してガラケーに変え、ネット環境はパソコンのみにまとめました。
またケーブルテレビに加入していましたが、解約しインターネットのみの契約にしました。

更に夫はかなりのヘビースモーカーでしたが禁煙し、お小遣いの月途中の増額のお願いが一切無くなりました。
食費の面では、庭があるため家庭菜園を始め、野菜の収穫と共に主食の米とお肉、魚、調味料以外の買い物が格段に減りました。
それだけでも30万円近くかかっていた我が家の家計は、22万円まで抑えることに成功しました。

夫婦喧嘩も絶えませんでしたが、なんとか夫の再就職もきまり少しですが心に余裕ができました。
お金は本当に大切ですね。