どん底の我が家

新築をしてからわずか2ヶ月で体調不良により夫が転職することになりました。

就活は思うように結果が出ず、やっと採用が決まったのは前職を退職してから6ヶ月が経過していました。
その間夫は就活に集中したいと言ってアルバイトなどの繋ぎの仕事を一切せず、貯金を切り崩して生活していましたがすぐに底をそれも底をつき
住宅ローンは勿論、水道光熱費などの支払いが滞るようになり、子供の幼稚園の保育料までも払えなくなりました。
保育料払えない※延滞で給料差押え?差し押えを防ぐ方法
各支払いの遅れは2ヶ月以上となり、毎日のようにポストには督促状が投函されるようになりました。

私もパートなどを探したかったのですが、持病のため外での仕事が出来ず、インターネットを利用したライターの仕事で月に3万程度を稼ぐのがやっとの状況でしたし、
何より転職により夫の収入が大幅に減ったにも関わらず、生活レベルの見直しを早急に取り組まなかったため生活は切迫していく一方でした。

ついに支払いの目処が完全につかなくなった私達夫婦は、この時点でやっと節約や遅れている支払いの分割払いの相談のため各機関に問い合わせを始めました。
まず住宅ローンでは、銀行の担当者の方との相談の結果、ボーナス払いの解消と分割回数を増やしていただき、さらに支払日の再設定をしていただきました。
水道光熱費に関しても分割での支払いを承諾くださり解決しました。

しかし保育料に関してはどうにもならず、夫の両親に頭を下げて立て替えていただくことになりました。

その後、ムダな固定費の削減のため私のスマホを解約してガラケーに変え、ネット環境はパソコンのみにまとめました。
またケーブルテレビに加入していましたが、解約しインターネットのみの契約にしました。

更に夫はかなりのヘビースモーカーでしたが禁煙し、お小遣いの月途中の増額のお願いが一切無くなりました。
食費の面では、庭があるため家庭菜園を始め、野菜の収穫と共に主食の米とお肉、魚、調味料以外の買い物が格段に減りました。
それだけでも30万円近くかかっていた我が家の家計は、22万円まで抑えることに成功しました。

夫婦喧嘩も絶えませんでしたが、なんとか夫の再就職もきまり少しですが心に余裕ができました。
お金は本当に大切ですね。

料理の下手な嫁

私が妻に対して不満に思っていることはズバリ食事についてです。結婚してから気づいたのですが、料理が下手なのです。

下手というと少し表現が違うのかもしれませんが、A型らしくレシピ通りにしかつくれないことです。水の量、調味料の量、食材の量etc.。私がざっくり作って味見で調整するタイプなので見てるとイライラします。

ただのナポリタンですら作るのもレシピ通り。一度ゆでたパスタを一晩寝かせるんですよ。それほど効果のある一手間でもないですし、ナポリタンなんかはすぐに作れることが良い所だと思うのですが。   最近は味見で調整するようにトレーニングさせていますが、先日作ったペペロンチーノは最悪でした。味がないといっていいほど薄いのです。あれほど味見をしろと言っているのに「猫舌だから」の一点張り、自ら塩ふって食べてましたよ。

これには私も呆れてしまいました。色々諦めた瞬間でした。   さらには、レシピ通りにしか作れないので、いわゆる「冷蔵庫にあるもので適当に」ということができません。なんであまりいいたくないのですが、食費がかさむのです。クックパッドのレシピ通りのものを買ってきますので、残った食材をうまく調理するのは男の私の仕事です。   最近では一週間分の食材を私が買いに行き、妻でもできるような料理を指示して仕事に行くようになりました。妻も自覚しているのかそれで納得しています。これが我が家の夫婦のカタチなのかもしれません。

でも、子供ができたら少しは変わるのでしょうか。父親が一週間分の食事を練る家庭。おふくろの味、ではなく親父の味になってしまいそうです。我が家では。

妻は現在専業主婦なんですが、看護師の資格を持っているので、仕事に戻ってもらおうかなと思っています。 ちょうど求人情報を見ていたら、条件の良さそうな求人があったので。

そして、将来できる子供の事を考えて、私が専業主夫になろうかなと思っています。

長く一緒に住んでみて…

妻は結婚前は控えめでこっちの要望を素直に聞き入れてくれるいい彼女でした。あまり自分の考えを言わないのでむしろ物足りなかったくらいです。

ただ、自分のことをここまで好きでいてくれる女性はこの先現れないだろうと思い結婚しました。私は田舎の長男ですので同居で妻を迎えましたが、子供が生まれるまではよくがんばっていい妻をしていました。

子供が生まれると自分の時間が削られ、余裕がなくなりだんだん性格がきつくなってきました。私もなるべくフォローはしていたのですが追いつかなかったようで結婚前とは別人になってしまいました。

そんな妻の趣味は二次元の創作で俗に言う腐女子とでもいいましょうか。夜、子供が寝てからこそこそ起きて一生懸命絵や小説を書いているので初めは浮気を疑いました。

腐女子活動をしてるので浮気の心配はないのでいいのですが、趣味活動が行き過ぎて家事を疎かにすることがあります。

たいしてお金のかかる趣味ではないんですが、時には道具類が必要になるらしく私何の相談もなく買って来たり、時には耳を疑うような値段のものもあります。

そんなお金どうしたの?って聞いたら、借りたよ・・・って。どう考えても間違えてますよね。

そのことを指摘すると自分の非は認めず、私を責めたて結局うやむやにしてしまいます。

やることをしっかりやってくれれば二次元創作の趣味くらい対したことはないのですが、やるべきことを疎かにし、指摘すると怒るのはちょっと違うのでは?と思います。

自分を正当化するのではなく、非を認めて一言謝ってくれれば私も他のことは任せろと言えるのですが、やはり売り言葉に買い言葉で喧嘩になってしまいます。

私もそうなのですが歳を重ねると素直に謝ることが難しくなりますが、私は自分が悪いと思ったら素直に謝ることを心がけています。

今でも妻の事を愛してますが、素直に謝らないところはなかなか受け入れることができません。器が小さいと言われるかもしれませんが、そこは譲れないとこと思ってます。

精神的に女性のほうが楽

女性に生まれて良かったか、それとも悪かったか。 どちらとも言えませんが、精神的な負担を考えたときに、 女性のほうが男性よりも楽ではあるといえます。 なぜかというと、女性は男性に守られることが多い。 そのため男性よりも精神的負担は少なくてすみますし、 女性でよかったと思います。

男女平等といえども、男性は女性よりも行動に責任を求められます。 そういう点でも女性でいることが有利だと言えます。 しかし、働く世界に関しては逆。 現代では男女平等だと、女性も男性と肩を並べて会社で働ける社会になりましたが、 しかし、まったく同等に扱っているかといえば、そうではないことも。

これだから女性は・・・と思われている部分も未だに存在します。 仕事に対しては、女性じゃなければよかったと思いますね。

女性にしかできない役割。それは子供を授かり産むこと。 生命の誕生を身をもって体験できるのは、 女性にしかできないことです。 子供を産むことができる女性というのはすばらしい。 女性であることに幸せを感じます。

しかし、子育てとなると話しは別。 仕事をしたくても、好きなことをしたくても、 子育てをしなくてはならないからと諦めることも。 そういう時は男性が羨ましくなりますね。

子育てしているとお金がいるという事も頻繁にあります。そういう時は主婦である女性のほうが悩みますよね。男性は仕事をしてきて働いているのだから、その給料内でどうにかやりくりしろよって感じだと思うのですが、この語自薦給料だけでやりくりできる人なんてほんの一握りではないでしょうか。

そういう部分では、精神的に男性のほうが楽かもしれませんね。女性のせいにしておけばいいだけですから。

それにしても、子育てしてるとホントお金がかかりますね。いろんな塾なんかも習わせてあげたいですし。そういうのにもお金がないと習わせてあげられないですからね。

女性でも男性でも、いい時も悪い時もあるのだから 結局どっちがいいとは言い切れない。半々でしょうかね。どちらも使命というかやらなければいけないという事があるわけですからね。

決められない夫

結婚して3年になります。 私の旦那は自分で決めることができません。 つまり行事など予定を綿密に立てて準備したり段取りを取ることですが、あまり頼りすぎるとパニックに陥ります。 単なる優柔不断とは違い、自分を追い詰めすぎて最後には放棄したり爆発したりしてしまうんです。

最後には「やっぱりやめようか」という話になったりします。 一番の思い出は結婚式。 タイムテーブルを組んでいる最中に旦那が体力切れになり、結婚式をやるかやらないかまで一人で話が戻っていたのでびっくりしました。

結局、それ以外のことは割と何でもできる旦那なので、決め事と段取りは私が全て引き受けています。 面倒くさいですが、変に口を出されるよりはマシかなと思っています。

でもたまにはデート先ぐらい決めてほしいですね。

そのパニックになったときに主人は物凄い汗をかくんですよね・・・すぐに焦ったりしているのが分かります。基本多汗症ぎみなのはあるのですが、その決断とか決め事をするときは特にひどいですね((+_+))

その多汗症を治す方法がちょっと改善してあげたいなと思います。

パニックになっているときは手汗もハンパなくてペンなんかを握るときもツルツルと滑ってとても書きにくそう。。。それでもまたイライラした感じになるんですよね。イライラされるとこちらに当たってきた感じにもなるので私を守るためにも治して欲しい。

ネットで調べてみると7日間の多汗症を治すプログラムを紹介してくれていて、他を探してもよく紹介されていたのでそれを購入しようかと考えています。

まずは主人に言ってからでないといけないのですが、今まで、多汗症だよねなんていった事がないのでそんなことない!!と言われれば終わりなのですが、ちょっと声を掛けてみようと思います。

 

専業主婦の私の昼間の過ごし方

私は去年の暮れまで近所の会計事務所に勤務していました。

でもそこの会計事務所が移転してしまい、通え切れなくなりやめてから専業主婦なになりました。
私の昼間は同居する旦那の母が作ってくれたお昼を旦那の母と一緒に食べます。
そのお皿を私が洗ってから、パワーへルスという電気治療機のベッドで1時間寝ます。その後は今年の1月からはじめたネットで副業をやります。
それを夕方の5時までやります。その副業はコラムを書いたり、ブログを書く仕事です。毎日仕事としてやるようにしていますので、規則正しい生活になってます。
その副業がパートみたいな感じです。5時まで副業をやってから公園にウォーキングに行きます。その帰りにスーパーによって買い物をします。

そして11時くらいがきたら用事も全て終わらせて就寝します。

が!!そこで悩んでいるのがなかなか寝れないこと。。。寝る方法を最近は見つけたので眠りにつくことができているのですが、それを見つけるまでは、布団に入ってから眠りにつくまで最低2時間はかかっていました。2時間くらいかかるの分かっているから少しでも早くに布団に行こうと思ってもそう自分の思い通りに動けるわけでもないので結局は11時くらいがきてしまいます・・・

それから二時間かかって寝て、起きるのは5時半。。。毎日睡眠不足で大変でしたね((+_+))

それで体調を崩したこともありましたし・・・

なので今飲んでいるドリンクには本当に助けられていますね(^O^)

スーッと眠りに付くことができるようになったので、次の日に疲れを持ち越すことも無くなりましたし、体調を崩すこともなくなったので本当によかったです。

もし寝るためにどうしたらいいのか悩んでいる人にはぜひオススメしたいですね(∩´∀`)∩

喧嘩は疲れる。

先月久しぶりに夫婦喧嘩をしました。

喧嘩理由は本当に些細なことでした。この日はお互い虫のいどころが悪かったのか、いつもはすぐ終わる喧嘩が、この日は結構長引いて1日中イライラしていました。

結構お互い言いたいことを言い合って、ちょっとスッキリした感はあるんですが、やっぱり喧嘩はしないに越したことはないですね。

喧嘩は疲れます・・・。